スマホ故障箇所トップ3を発表します

スマホが故障した時、修理を考えますよね。 そんな時、あなたはどうしますか? ここで選択肢は大きく2つあります。 この2つの選択肢の中から、あなたに合ったものを選んでいくのです。 これが修理する前に知っておいてほしいことです。 2つの選択肢を、もっと細かくご紹介いたします。

スムーズに修理するために依頼する前にしておくべきこと

あなたは、あなたが今使用しているスマホ、どのくらい愛用していますか? 使い込んでいて「ケータイ大好き」という気持ちなのではないでしょうか。 そう、現代に生きる私たちにとってスマホは「なくてはならないもの」なのです。 修理に出すとき、すぐにでも治って戻ってきてほしいですよね。

スマホを自力で修理して安く済ませてみた

スマホの修理って「予算」がかかりますよね。 私たちが修理を躊躇する一番の理由が「高価な予算」だったりします。 これをなんとか抑える方法はないのでしょうか? キャリアショップでの修理を諦めて「非正規のショップ」に依頼するのか? いえいえ、第三の選択肢があります。 その方法をご紹介します。

スマホを修理するときに行く場所

「画面にヒビが入った」
「フリーズして動かなくなった」
「バッテリーが使い物にならなくなった」

あなたはこれが何かわかりますか?
スマホ修理に持ってくる人の、故障箇所トップ3です。
したがって、私たちは部屋を暗くして歩くことは避けなければいけないのです。
なぜか?
「足の小指をぶつけちゃうから」だけじゃないですよ。
「ケータイを踏んじゃうかもしれないから」です。

第一位は、故障というにはほとんど人為的なミスが原因で起こるのです。
「画面のヒビ」ですが、あなたの周りにもいますよね、ヒビが入ったままスマホを使用し続けている人が。
画面が見にくいですし、目にも優しくありません。
故障させてしまう前に、大切に扱ってあげましょう。
第二位の「フリーズ」ですが、これも主な原因は「うっかり」です。
一度にあれもこれもページを広げてしまい、重くなった結果、フリーズするのです。
フリーズさせない方法は意外にシンプルです。
それは、開いたページをその都度閉じて、スマホのメモリを軽い状態に保っておくことです。
これは、結果的にバッテリーの温存にも繋がる「一石二鳥」の効果もある優れた手段です。
是非、実行してください。

最後は「バッテリーの衰え」です。
これは第三位となっていますが「隠れ第一位」の可能性がとても高い故障箇所です。
あなたが愛用しているスマホは今何年ですか?
「使用期間1年をゆうに超えた」
そう答えるあなたは「バッテリー」の故障に少なからず共感を覚えると思います。
これは、なかなか修理に持ってこない故障箇所でもあるのです。
スマホのバッテリーって、1年を過ぎたあたりからだんだん耐久力が悪くなってきますよね。
バッテリーの衰えは、避けようがない部分もあるのです。

TOPへ戻る